キャッシング融資に思うこと

融資のキャッシングで借りた場合の返済の仕方を自分の経験から幾つかの例を参考にして書いて見ました。

サイト内検索(by Google)
キャッシング融資に思うこと

融資でのキャッシングの返済の仕方

いろいろな借金で苦しんでいる人の記述を見ると借りる時に、そもそも返済の感覚がすっぽり抜けていることですね。返済を考えないように見ないように借りるのですからいき詰まるのは当たり前でしょう。もうその時点で破綻しています。また楽観的な予想で今まで通りお金が入ってくるから大丈夫だという、これも読み間違いの結果です。いずれも見ないようにすれば何とかなるだろう、状況がきっと上手く行くようになるだろうというあまりにも希望的な観測からきています。お金を扱う場合は本来の姿勢としては楽観的な捉え方では駄目で最悪を想定してから対処するのがどの世界でも鉄則です。またそういうことがよくある世界ですね。それでお金を融資してもらいキャッシングする時でも同じだと思います。私の場合は、キャッシングできるすべてのカードや登録を確認し、その総額と金利をいつもわかるようにしていました。当然借りるのも金利が安いところからですね。そして自分の給料から月々の返済の限界額を知っておきます。家賃や食費、交通費など生きていくのに最低限の金額を引いた部分です。もちろん預金の金額もです。それは特に難しいことではなく、30分もあれば余裕で出来ることです。それもだいたいのところでいいのですからそれをまず把握してから借りることにしますが、それも他に方法はないか良く考えます。問題は金利ですから、要するにそれを少なくする方法ですね。そうしてから必要な額を借ります。そして出来るだけ早く一括返済でもしながら返すようにしました。